世間を賑わすITコンサルとは、ちょっと視点の違う純粋にコンサルなお話
谷中裕之のブログ

Pitserv
ABOUT

ひとつ前の投稿は「最強のDQNネーム」です。

次の投稿は「最近の深刻なコンビニ事情」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

TRACKBACK
Powered by Movable Type 3.34

« 最強のDQNネーム | メイン | 最近の深刻なコンビニ事情 »

履歴書は何故手書きがいいのか?

学校の先生をしていると、
「先生、履歴書は手書きとパソコンとどっちが良いのですか?」
と質問される事がある。

うーん。
基本的に、学校側からは、手書きで指導するように指示が出ているのだが...

毎年、必ず、2-3人からはこのような質問がある。

自分が就活をしてた遠い昔は、パソコンで入力というのは
ほぼありえなくて「手書き」であった。

その為に、綺麗でなくても丁寧に書きなさい。と教わったものだ。
たまにパソコン出力してる履歴書を見かけては「おぉ!」と思いながらも
世間的には、「パソコン出力は、味がない、熱意が伝わらない」という理由で
中々受け入れられなかったものである。

で、今は昔、そんなレガシーな話もあるのかどうか?

そもそも履歴書というのは読んで字の如く、その人の「履歴」を見るものである。

1どんな環境で育ったのか?(学歴)
2どんな仕事をしてきたのか?(仕事経歴)

この2つが一番知りたい事。

それ以外にも、家族構成や、通勤時間、所有資格など、
補足的に知りたい事はあるが、主に知りたい事は上記の2つ。

で、その状態が説明されている紙に書かれている内容が知るにあたり
その文字が「手書き」なのか「パソコン出力」なのかは、実は全く気にしない。

字が達筆であれば、関心はする。汚い文字であれば見づらいなぁと思う。
(なので字が綺麗でない人はパソコン出力をした方が合理的かもしれない。)

とまあ、採用にかかわる一担当者としての意見はこんな感じである。
要は、手書きやパソコン出力の優位を位置づける要因は字が綺麗か否かと思う。なので、合理的に考えると、パソコン出力でも良いというのが持論。

では何故、手書きの方が良いという意見があるのか?

これは、新卒と中途で若干意味合いが変わってくると思う。
簡単に言うと、履歴書においては、新卒の場合と中途の場合では書く量が違う。(経歴書含む)

逆に言えば、書く量が少ないのであれば、丁寧に手書きで書きなさい。
という事かもしれない。

ただ、どうも手書き至上主義な要素が強い。合理的説明になっていない。
うーん。どうして、手書きが推奨されるのだろうか? わからん。
採用する側の組織としても、合理的説明がつかないと思うのだが....

うーん。
私の知る限りの「手書き」が良い理由は、大概精神論ばかりである。

熱意が伝わる!
心がこもってる!

精神論を否定はしない。世の中の人事担当者には経験豊かな方もいらっしゃる。
その人の文字を見れば、論理的に性格や熱意を見抜ける大御所も存在する。

ただ、そんな大御所はそうそういない。ただ、そういう精神論的な話だけが
一人歩きしているのもまた事実。人事の皆さんが文字を見て論理的に見抜ける「大御所」である可能性はあまり高くないと思われる。

そうなってくると、確率論になってくる。
手書きではなくても良いかもしれないが、一応念の為「手書き」で書いておくか...的な...

うーん。応募者に負担が大きな事になるな。
ちなみに弊社にご応募頂く場合は、どちらでも構いません。
手書きでもパソコン出力でも差はありません。(人事に確認しました。)

とまあこんな事を考えていたら、面白い記事を見つけました。

「履歴書は手書きにすべきか」議論に終止符を打つ 結論とその理由は……

要は、手書きの履歴書を要求する会社には正当な理由がないと
「非合理な組織」とみなされる時代になってくるという事か....

念を押します。
弊社にご応募頂く場合は、どちらでも構いませ
手書きでもパソコン出力でも差はありません。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: http://www.pitserv.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)